スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Golf in Cambridge 

先日、クラスメートの韓国人の一人がケンブリッジから韓国へ帰るということで、その帰国日の前日に、前々から一緒にやろうといっていたゴルフをやってきました。一応、ゴルフの発祥地である英国でプレイする機会があるかなと思い、クラブ一式をケンブリッジまでもってきていました。

今回一緒に回った友人の韓国人二人は、忙しいMBAの授業の合間に、数十回もゴルフをしていたようですが、私はそんな余裕もなく、ついにこの時期までゴルフクラブを使うことがありませんでした。彼ら曰く、韓国ではゴルフのプレイ代がとても高く、中々実際にコースに出ることができないそうです。一般的なサラリーマンは、それでもいつかゴルフコースでプレイすることを想定して、ドライビングレンジ(所謂、打ちっ放し)で、スイングの練習を重ねているそうです。聞くところによると、日本のゴルフ代よりも高いらしいですね。

私のゴルフの腕前はというと、前職時代は付き合い程度にゴルフをやっていたものの、そんなに熱心でもなく、いつまで経ってもビギナーの域を出ません。また今回に至っては約二年ぶりだったので、ボールに当てることすら不安でした。今回は、とてもアットホームな雰囲気のもと、スコアも数えることなく、たまには同じ場所から二度打って見たりと、厳密なルールは完全に無視状態でプレイしました。

日本では、概ねゴルフ場といえば山を切り開いた場所に建設してあるので、ボールがどこにいくか分からないビギナーにとっては、非常に厳しい環境ですが、こちらは殆どのホールがフラットで、隣合うホール同士の仕切りは、木が植えてある程度です。一番きついところでも、丘の斜面程度です。ですので、OBは殆どなく、ボールがなくなるといったことはあまりない筈でした。が、実際のところ、10球程度ロストしてしまいました。。これは、スコアに執着してなかったので、ボールが直ぐに見つからなかった場合は、適当な場所からニューボールでリプレイした影響もあります。日本では、大体キャディさんがいるので、大抵のボールは見つけてくれますが。

当日は、天気も良く、空気もカラッとしており、コースの芝のグリーンと空のブルーのコントラストがとてもきれいで、プレイしていてもとても気持ちよかったですね。日本みたいにホールの途中に茶店でビール一杯みないなことをする場所はありませんが、その分、プレイ後に飲んだビールは最高に美味かったです!日本人のMBAの皆さんも是非ケンブリッジでゴルフをしましょう!

今回帰国する韓国人とは年齢も同じだったこともあり、一緒に飲みにいったり、カレッジに誘ってもらったりと、いろいろ良くしてもらいました。彼も将来は自分で事業をしたいらしく、是非その夢を実現させてほしいですね。

Golf1 Golf2

スポンサーサイト

卓球 at MBAT 

またまた、ずいぶんと長い間ブログを更新していませんでした。長い間更新していないと、その間沢山あった出来事について書くタイミングを逸してしまい、更に書きづらくなるという悪循環に陥っていました。少しずつですが、主要なイベントについて思い出しながら追加して行きたいと思います。

今回は、5月に行われたMBATで、約20年弱ぶりに卓球の試合に出場したことについて触れてみたいと思います。卓球の試合開始時間が朝9時だったということもあり、結構早くホテルを出発し、電車を乗り継いでHECの卓球会場に到着しました。しかし、時間になっても他のメンバーは誰一人見当たらず、大会関係者に私一人しかいないので待ってもらうように伝え、約一時間くらい待ちぼうけをくらいました。あとで分かったのですが、皆が泊まっているホテルからのシャトルバスが大幅に遅れたそうです。最終的には、なんとかギリギリ(というか無理やり待ってもらった)で間に合ったものの、途中、もう帰っちゃおうかなあと何度も思いました。まじで。

一回戦の対戦相手であるRSM(Rotterdam School of Management)の方々には、無理を言って待ってもらったものの、実際に試合になると、あっさりとケンブリッジMBAが勝ってしまい、重ねて申し訳なかったです。二回戦目の相手は、宿敵オックスフォード。結構、経験者を揃えてきているようで、男性陣は惜しくも勝ち星をあげることができませんでした。私も、高校卒業以来、遊びではたまにやってましたが、長いこと真剣にやってなかったので、感が戻る前に体力が尽きてしまい、3-1で負けてしまいました。MBATに出る前は、勝敗は二の次だと思ってましたが、いざ試合が始まると勝敗はやはり気になるものです。結構、悔しい思いが残りますね。

↓結構マジでやってます
卓球


↓試合終了後に皆で
卓球1

桑田真澄 

ずいぶんと長い間ブログを更新していませんでしたが、その間、MBATでパリに行ったり、いろんなカレッジのフォーマルに招待していただいたりと、ケンブリッジでの残り少ない生活を満喫しています。先週は、語学学校で知り合った日本人Hさん、Mさんからの招待でDowning CollegeとChurchill Collegeのフォーマルに出席。ワインを沢山ご馳走になり、結構酔っ払ったなあと思ってたら、土曜日に日本人のKさん宅でご馳走になった際には、もっと酔っ払ってしまいました!ケンブリッジに来てから、最も飲んだ気がします。

タイトルの桑田投手ですが、ある程度年代が近いということもあり、高校時代のPL学園で活躍していた頃から注目しています。日本のプロ野球での晩年は、あまり活躍はしていませんでしたが、なんとか200勝してほしいと思ってました。そして今年、米国のメジャーリーグ球団、パイレーツに入団するも怪我などでメジャーは厳しいかなあと思っていたところ、先日いきなりメジャーに上がってきました。脂の乗った日本人選手が活躍するのも嬉しいですが、桑田投手のように最後まで夢を追いかけて努力し続けている選手も心から応援したくなります。早速、ヤンキース戦で中継ぎとして登板し、2回ほど投げ、ロドリゲスにホームランを打たれましたが、その他の打者は無難に抑えたようです。次回はなんとか抑えてほしいものです。松井やイチローも応援してますが、桑田がある程度の信頼を得るまでは、あまり打って欲しくないですね。

ケンブリッジMBAの授業もあと一週間となってしまいました。(その後は卒論が待ってますが)最後の課題など、あとひと踏ん張りです。

MBAT 

明日、ロンドンで一泊してから、MBATが行われるパリに向かいます。卓球にエントリーしているんですが、練習は昨日と今日の2回のみで、練習に参加できていない人もいたりします。勝敗には固執してませんが、当日必要な人数が集まるか、やや不安です。

せっかくパリに行くので、MBATだけではなく、パリの観光もしたいと思ってます。パリは、ずいぶん前に新婚旅行で訪れた以来なので、楽しみです。その際は、季節が冬だったので、今回は春のパリを味わって来ます。でも、美術館とか行ってしまうと、半日とか一日潰れてしまうので、今回は街の雰囲気を味わう程度かもしれませんが。あとは、フランスといえば、やはり食事&ワインですね。

ケンブリッジMBAのユニフォーム(フリース、ポロシャツ、帽子)です。BPがスポンサーになってくれてるみたいで、BPのマーク入りです。
MBAT Shirts

Medical Certificate for MBAT 

5月中旬にパリで行われるMBATという欧州MBAのスポーツ大会への参加に、Medical Certificate が必要ということで、本日NHSを登録している病院へ行って行ってきました。

血圧を測り、胸に聴診器をあてる程度の診察で、5分程度で終わり、こんなもんで良いの?っていう感じでした。まあ、いろいろ面倒な診察があるよりは全然いいですが。料金は、それでも15ポンドでした。(診察には予約が必要です)

このMedical Certificateは、もっと早く取るべきだったのでしょうが、参加を予定していた卓球のメンバー(最低でも一人女性が必要)が集まりそうになかったので、ほぼ観戦のみの参加になるかなあと思い、Medical Certificateを後回しにしていました。ところが、カナダ人の女性が卓球にエントリーしても良いということで、どうもチームが組めそうな状況になり、急遽 Medical Certificate を取得しました。ただ、今から正式にエントリーを受け入れてもらえるのかどうか、やや疑問ですが。

登録している 病院です。
NHS

パリーグ開幕 

いよいよ日本のプロ野球開幕の季節がやってきました。小さい頃は巨人ファンでしたが、仕事の関係で福岡に住むことになり、そしてホークスが福岡にやってきてから、すっかりホークスファンになってしまいました。その間、どんどんホークスも強くなり、いまでは常勝チームと言われるまでになりました。監督が王監督というのも、以前巨人ファンだった私としては嬉しいです。

最近は、井口や城島などホークスからメジャーに行くプレヤーもいたりして、彼等のメジャーでの活躍ぶりも気になるところですが、王監督が病を克服し、復帰を果たした今年ばかりは日本のプロ野球を注目、そしてホークスを応援しないわけにはいきません。今年は、生え抜きである小久保の復帰、WBCで活躍した多村の横浜からの移籍など、話題には事欠きません。ズレータがロッテに行ってしまったのは残念ですが、斉藤、和田、新垣、杉内らの投手陣は、今年も活躍してくれるはずです。ここ数年は、パリーグ制覇の可能性がありながら、今ひとつはっきりしない制度のせいで優勝していませんが、今年は、間違いなくソフトバンクホークスの優勝で決まりでしょう。

近い将来、夢を追ってメジャーに行く若手プレヤーもいると思いますが、日本プロ野球を見た場合、資金的なものを含め、ソフトバンクホークスが最も魅力的なチームの一つであることは間違いないでしょう。

残念ながら、オリックスとの開幕戦は負けたようですが、移籍した多村が2ホーマーを打ったようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。