スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国ビザ取得申請資料の補足(家族に関する英文の保証状) 

英国VISA申請書類で、家族(私の場合は妻)に関する英文の保証状について補足しておきたい。この保証状は雛形がないので自分で作成したが、基本的に指示通り、家族に対して経済的及び行動面についての責任所在を述べた書面とした。以下、あくまでも一例として参照ください。

26 July 2006

Visa Officer
The British Embassy in Japan
No.1 Ichiban-cho, Chiyoda-ku Tokyo
102-8381, Japan

                      Letter of Guarantee

Dear Sir:

I hereby declare that Mrs. (妻の名前) enters the United Kingdom to accompany me as my dependent for the period of about one year from 6 August 2006. I, as a candidate for the Cambridge MBA program guarantee to undertake the following:

To support financially the above named person while she is in the UK.
To see that the above named person will obey all the UK’s laws and regulations.
To pay expenses for the above named person to return to the home country.

Sincerely,

サイン

私の名前を記入
Home address: ************
Tel.: **********
Relationship to applicant: Spouse

スポンサーサイト

英国ビザ(エントリークリアランス)取得申請 VAF1 

7月26日にビザを取得したが、今日はそのことについて書いてみたい。実はもっと早くに取得するつもりであったが、学校(Judge Business School)からの証明書の発行が遅くなったので、渡航日(8月6日)の10日前の取得になってしまった。ケンブリッジでは、ビジネススクールの証明書(正式な入学許可証)発行の前に、生徒が所属するカレッジからの受け入れ許可が必要であるらしく、その手続きに時間がかかっていたようだ。カレッジで不合格となることはないようだが、ある意味面倒な手続きであるような気がしてならない。

ビザ申請の受付は東京の英国大使館でしかやっておらず、郵送で申請すると言う方法もあったが、あまりにも渡英までの時間がなかったので、やむを得ず東京(福岡から)まで行くことになった。更に、貯まっていたJALマイレージで、上京の航空券を購入しようと思っていたが、マイレージでチケットを購入する場合、4日後のチケットしか購入できないことが前日に判明した。少しでもチケット代を安くあげるために、スカイマークエアラインの朝一番の便で行くことになった。

申請書は、事前に英国大使館のサイトからダウンロードして、記入しておいた。英国大使館には、10時ごろ着いたが、すでに20人以上の人が並んでおり、申請受付締切りの11:30まで、次々と申請者が並んでいた。申請場所の中の様子ですが、受付カウンターが3つあり、インタビュールームとお金を払うカウンターが1つずつあります。基本的に申請受付は、2つのカウンターしか使用しておらず、あと一つのカウンターは、書類受付後に一人づつ名前が呼ばれ、ビザを本日受け取りたいか、郵送してほしいかを英語で聞くための場所として使用されていた。

私は妻と2人での渡英となるが、2人のビザ取得申請として、以下の書類を提出した。詳しくは英国大使館のビザ渡航関連ページをご覧ください。

1.パスポート(旧パスポートも要)※本人と妻それぞれ必要
2.申請用紙VAF1 ※本人と妻それぞれ必要
3.証明用写真(35×45)2枚 ※本人と妻それぞれ必要
4.ビジネススクールからの入学許可書とそのコピー
  MBAの前に通う語学学校(EAP)の入学許可書とそのコピー
5.滞在費用証明(最近6ヶ月分の記録のある預貯金の通帳)とそのコピー
6.英国滞在中の妻の滞在費などの責任を取る旨を書いた英文の保証状1枚 (私が作成)
7.戸籍謄本1部
8.申請手数料 £ 85/人( 日本円現金にて )を2人分

なお、滞在費用証明については、預金通帳とそのコピーが必要であるということだったので、わざわざシティバンクから地元の銀行にお金を移して申請したが、他の方の受付を聞いていると、インターネットバンクなどで通帳がないと主張している方もいて、理解してもらっているようだったので、敢えて他の銀行に移す必要性はなかったのかも知れない。

結局、12時位に支払いを済ませ、3時~4時の間にビザ(パスポート)を渡すといわれたので、近くで時間をつぶし3時に無事ビザを取得できた。思ったほど問題なく取得できたが、敢えてビザ申請について文句があるとすれば、英国ビザ申請について英国大使館に電話で質問することができないことだ。質問はFAXかEメールでしか受け付けておらず、いくつか確認したいことがあったので、何度がEメールを送ったが、全く返信がなかった。そうなると確認する術もないので、本当に困ってしまう。

米国大使館は、有料で電話対応をしてくれる。有料というのはどうかと思うが、英国大使館みたいに途方に暮れるよりは、有料でも質問ができる方がまだましである。

続きで、参考のために英国VISA申請書の書き方を説明しておきます。

続きを読む

住居とインターネット 

ケンブリッジ大学のアコモデーション・サービスに住居を申し込んでいるが、7月上旬に後で連絡するというメールを貰ってから、音沙汰なしの状態が続いている。出国日は既に決まっている(8/6)ので、そろそろ真面目に心配になってきた。

心配と言えば、現地でのインターネット環境。現在申し込んでいるフラットで無線LAN環境を構築できるかどうかである。NTLというプロバイダーを使うことを指定されているらしいが、日本で使用している機器(無線LANルーター)など、そのまま使用できるのだろうか?

Collegeが決定した! 

ケンブリッジ大学は、31のカレッジから構成され、その中のどれかに所属することは以前書いたと思うが、そのカレッジが決定した。Wolfson College(ウルフソン・カレッジ)と言って、ケンブリッジ大学の中でも比較的最近設立されたカレッジの一です。
http://www.wolfson.cam.ac.uk/ 
と言っても、1965年に出来たようです。住居を申し込んでいるWest Cambridge Siteからも近いらしく、またどちらかというと大学院生を多く受け入れているので、学部生が多いカレッジよりは落ちついているようです。

明日、13日はいよいよ船便で荷物を送る日です。あまり荷物はないのですが、ここ最近の荷造り作業に結構疲れました。
荷造り状況

妻の活躍 

ここ数日、渡英の引越準備に追われている。基本的に、私はMBAで勉強するビジネスや英語の書籍を中心に整理しているが、妻にはイギリスでの生活全般を考えて、キッチン関係類、衣類、電化製品など全てを整理してもらっている。最近は、これらの荷物をきちんと整理して、ダンボールに詰める作業を遅くまでやってくれている。ちなみに、私は0型、妻はA型。

航空券が高い! 

渡英ための航空券を予約した。13日に船便で荷物を送るにあたり、航空券が必要だからだ。今回は、中国東方航空を利用し、8月6日に福岡空港から上海経由でロンドンに入ることにした。片道1人あたり約11万円、妻とあわせて22万円。5月にインタビューで現地に行ったときは、大韓航空のもので2人で往復約15万円だったので、かなり相場が上がっている。心配なのは、VISAをまだ取ってないこと。本来なら順番が逆だが、現実問題としてこのようにせざるを得なかった!あとは、なんとか7月中にVISAが貰えることを祈るのみ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。