スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリア戦略 

マーケティングの最終課題提出が迫っているにも拘わらず、日本から取り寄せた本が届いたので、しばし読みふけってしまいました。その本はというと、山崎養世著「勝つ力」です。彼は、東大経済学部を卒業後、大和證券に入社、米国でMBA取得後、一旦大和證券に戻り、数年後にゴールドマン・サックスに転職し、数年でトップまでのぼりつめ、現在は政治活動に注力している経歴の持ち主です。

私自身、投資銀行へのキャリアは考えてませんが、というか可能性はあまりないでしょうが、この業界を志す人がどうのようなマインドをもっているのか興味があったので読んで見ました。また、ライアーズ・ポーカーというウォール街での投資銀行での出来事を描いた本も取り寄せてみました。米国ではベストセラーだとか。これはまだ読んでません。

著者の経歴は非の打ち所がないのですが、彼が本の中で言っているのは、自分のキャリアを学生時代から意識して築いてきたということです。彼曰く、学生時代はあまり授業に興味がなかったようですが、それでも自分の将来やるべきことを明確にし、その目標に対し絶えず自分の地図を描き、修正を加えながら、キャリアを形成してきたとのこと。ビジネスで勝つには、観的に準備して、楽観的に行動することが大切だとか。概念としては理解できるものの、行動に移し、継続するのは簡単にはできないですね。

新卒時には、日本を国際的な金融市場にするという目標のもと大和證券に入社するのですが、MBA留学や希望配属先を入社の条件として提示したそうです。日本ではありがちな入社してから配属先が決められ、自分のやるべきこと、やりたいことをその後模索するような就社ではなく、就職にこだわるべきだと。社会人となって転職する際には、必然的に考えることですが、自分の新卒の頃を振り返ると、そこまで正直シビアでななかったです。。

ゴールドマンサックスへの転職の際は、これからの日本の問題は年金などの資産運用にあるという問題意識のもと、当時なかった資産運用の部署を一から立ち上げたそうです。また入社の際には、資産運用業務をやらせてもらうことを条件にしたそうです。提案書も毎日書き続け、次々と新しいヒット商品をつくり、トップまでのぼりつめたとか。恐れ入ります。

現在は、金融から日本経済を変えていくことは難しいと考え、政治の世界から日本を変えていくことに自分の使命を修正し、政治活動を行っているとのこと。特に、諸外国に比べ地方分権が進まない理由の一つに、高額な高速料金制度があるとし、高速料金の無料化などを活動のテーマにしているようです。

話の内容的には、至極当然なのですが、Easier said than done で実践が肝心ですね。今でも十分指南されるべきことはありますが、学生時代に読むべきだったと思える一冊でした。

スポンサーサイト

Work-life balance 

本日から正式にGCP(Global Consulting Project)が始動しました。11amに学校に集合し、今後の進め方をザックリと決めました。基本的には、毎日集まるということになってしまいました。明日は、クライアント(マイクロソフト)からもらった"Social Responsible Investment"と"Venture Capital for Sustainability"の記事を読み、各人のフォーカスしたいテーマをピックアップし、ある程度絞込みをする予定です。今年のマイクロソフトのプロジェクトは、Social Innovationに関するリサーチなので、やろうと思えばどこまででもできるし、簡単に終わらせようと思えば、それも可能という感じです。

私の場合、GCPをやりながら就職のことも同時に進めていく必要があります。いくつかJobサーチ会社に登録してはいるものの、自分の中での整理が今ひとつなので、案件を紹介してもらっても今ひとつピンとこない状況です。掲題の"Work-life balance"についてですが、先日のサーチ&サーチのCEO、ケビン・ロバーツの講演で彼が言っていたのを少し思い出したのでタイトルに使ってみました。要は、仕事を探す、仕事に就くに当たって、ワーク・ライフ・バランスなんてものを考えるようでは、その仕事は自身にとって本当に好きでないということです。MBAらしく、投資銀行でもコンサル(←そもそもこの手の仕事には、Work-life balanceなんてものはないのかも知れませんが)でもなんでも良いが、自分がワーク・ライフ・バランスなど考えずに没頭できる職に就くべきであると言っていました。日本語でいうところの「天職」みたいなものでしょうか。

まさにその通りだと思いますが、現実としては非常に難しい問題ですね。このご時世、制約もありますが、ありがたいことに選択肢もそれなりにあるわけで、どうしても色んなバランスを考えてしまいます。バランスをとるとシャープな選択ができないので、ありきたりの選択になってしまいます。と、こんな風に考えてもあまり生産的ではないんでしょうが。。いづれにせよ、後悔のないようなプロセス&決断をしたいものです。

Cambridge and Oxford MBA & Postgraduate Recruitment Fair  

ケンブリッジとオックスフォードの合同リクルート・フェアに参加してきました。対象はMBAを含む院生で、隔年でオックスフォードとケンブリッジがホストを務めているようです。今年はケンブリッジがホストで、ビジネス・スクールがその会場でした。

聞くところによると、午前中からやっていたようですが、私が到着したのは午後2時。すでに、各企業のブースはケンブリッジとオックスフォードの学生でごった返していました。オックスフォードからは、100名以上の方が参加されており、貸切バスでケンブリッジまで来たようです。参加企業ですが、全部で27企業がブースを構えていたらしく、特にコンサルティング・ファームが多かったように思います。以下、今回のフェアに参加した企業です。

Accenture, Capgemini, Deloitte, KPMG, PA Consulting, PRTM, BearingPoint, Atkins, Altran, Amazon, Johonson & Johonson, Merck, Ocado, IBM, Tech Mahindra, Cognizant, TTP Group, Convergys, eFinancial Careers, London Asia Capital, Fitch Ratings, Fidelity, Structure Group, Essent Trading, Proudfoot consulting, Parson Consulting

・企業ブースの様子です
Cambridge & Oxford

この企業ブースとは別に、別教室でいくつかの企業がプレゼンをしていたようです。オックスフォードの学生とも少し話しましたが、特に印象的だったのは、このフェアに参加しながら、暇を見てケンブリッジMBAの図書館で課題をやっているということです。Too busy ですね。頭が下がります。また、ケンブリッジMBAには日本人のファカルティはいないようですが、オックスフォードには2人いるらしく、正直なところどう?って聞いてみたところ、予想に反して、とても素晴らしいといっていました。その内の一人は、日本人とは思えないくらいだっと言ってました。どういう意味なんでしょうか?いずれにしても、海外で活躍する日本人の話は嬉しいものです。

15時から30分間、P○○Mのリクルーターの方からインタビューを受けました。30分という限られた時間だったので、特段厳しい質問はなく、主に職歴とPRTMに対する興味を聞かれました。職歴については、今までマネジメントの経験があるかとか、また企業変革などの経験があればそれについて答えるもなどです。コンサル業界は出張が多いので、その辺は大丈夫なのかとか、P○○M以外のも他のコンサル企業にアプライしているかなども聞かれました。まあ、それなりに返答できたと思います。

もしこのインタビューが上手いっても、あと数回、別の方とのインタビューがあるようです。今回は予想以上にインタビューは和やかな雰囲気で、インタビューのを準備しなかった割には、英語の受け答えもそれなりにできたと思います。あと、やっぱり日本人の学生には、東京オフィスで働くことを期待されているようです。特に卒業後すぐはそうらしく、数年すれば、どこか海外のオフィスに異動できる可能性もあるといっていました。でも、それならここで、しかも英語でインタビューしているのは何故なんでしょう?また、P○○Mのビジネスの4分の3は、やはりアメリカのようで、ヨーロッパやアジアはこれから伸ばしていくようです。

P○○Mコンサルティング-その3 

前回のP○○Mからのメールにも返信していなかったのですが、ついにMBAのキャリアオフィスからも連絡が来てしまいした。P○○MからMBAオフィスにその旨連絡があったようで、15日にインタビューをセットしたから前もってインタビューの練習をしたいなら連絡してくれ、という内容でした。えっ、当方インタビュー受けたいとか、受けたくないとか、一言も言ってないんですけど?まあ、どうしようか悩んでいたので結果的には問題ないんですが、勝手に進めるなっつうの。時間は30分らしいです。今までもっとキャリア・セッションに出ておくべきだったかなあ。

今日は朝目覚めると、外は雪景色でまだ雪も結構降っていたので、バスで学校に向かいました。ところが帰りの時間が、明日のグループ・プレゼンの準備があったため、22時半近くになり、丁度良い時間の帰りのバスがありませんでした。しようがないので少し歩きながら、タクシーが来たら捕まえようと思ったのですが、結局タクシーも通らず、40分近くトボトボ歩いてしまいました。風があまり強くなかったので、まあ特にどうこうはないんですが、結構疲れました。

Judge Bisiness Schoolも雪模様でした。
Judge with snow


誰かが雪だるまを作ったみたいです。
Judge with snowman

P○○Mコンサルティング-その2 

先日、P○○Tというコンサルティング会社からこの会社に興味があるかどうか(正確にはどこの国で働きたいか)というメールがあったと書きましたが、その返答については、うっかりというか、あまり気に留めていなかったのでしていませんでした。

ところが、また本日リクルート担当者からメールが入りました。内容は、2月15日に開催されるオックスフォードとケンブリッジの合同リクルートメントフェアに行くんだけど、インタビュー希望しますか?希望するならスロットを確保します、というものでした。人手不足なんでしょかねえ?メールの返信もしてないのに。

でも折角の機会なので、今後のためにもインタビューを受けてみるのもありですね。でもあまりP○○Tのこと知らないので。。誰か詳しい情報知ってますか?それと、多分英語でのインタビューだと思うんですが、正直そっちの方が不安です。MBA入学の際は、勿論英語インタビューを受けましたが、リクルートとなると状況が全く異なるわけで、まあ今更どうしようもないですが。

本日は、Judge Bsusiness Schoolが主催する"Leadership Seminar"で、ヨーロッパ航空業界の革命児、RyanAirという航空会社の共同創設者のスピーチがありました。"とても感動したっ"と言いたいところですが、正直なところ語学の壁を改めて痛感するものとなりました(泣)。

P○○M コンサルティング 

そろそろ卒業後の進路について真剣にに考えなければと思っていたところ、P○○Mというコンサル会社のリクルーターのからメールが入りました。ケンブリッジMBAが情報提供している在校生のCVを見て連絡してきたようで、メールの内容は、これから色々と話を進める前に、まず卒業後どこの国で働きたいと思っているのか教えてくれ。という唐突でシンプルな質問でした。ビジネススクールに提出したCVには、コンサルタントになりたいような内容は書いていないし、コンサル経験もないので、もしかしたらケンブリッジMBA全員に送っているのかもしれませんが。。しかし、こっちとしては、まず逆にどこの国での採用を考えているのか教えてくれって感じです。

実は勉強不足で、P○○Mというコンサル企業の存在を全く知りませんでした。実際、今まで日本では聞いたことがありません。どんな企業なのか調べたところ、1976年に米国カリフォルニアで設立された戦略コンサルで、Operation Strategy, Supply Chain innovation, Product innovation, Customer Managementの分野を得意領域としているようです。現在、日本を含む世界16カ国で活動をしているとのこと。メールは日本支社ではなく、英国からだと思います。連絡先が英国の電話番号だったので。。

P○○Mのホームページを色々見ていたら、米国Consulting Magazine 誌による「コンサルタントが選ぶベスト10コンサルティングファーム」に過去数年に亘り連続して選ばれているとのこと。コンサルタントが選んだいるのだから、きっと職場環境はいいのでしょう。もっと年齢が若く、体力バリバリならコンサル業界も視野にいれていたかもしれませんが、現在のところあまり興味がないのが正直なところです。ただ、優秀な人と一緒に働きながら、かつ色んな業界のことを学べるという意味では、数年働いてみるのも経験として良いのかもしれません。馬車馬のようには働きたくありませんが。。まあ、その前にこの業界って入るのも難しいですしね。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。