スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリア戦略 

マーケティングの最終課題提出が迫っているにも拘わらず、日本から取り寄せた本が届いたので、しばし読みふけってしまいました。その本はというと、山崎養世著「勝つ力」です。彼は、東大経済学部を卒業後、大和證券に入社、米国でMBA取得後、一旦大和證券に戻り、数年後にゴールドマン・サックスに転職し、数年でトップまでのぼりつめ、現在は政治活動に注力している経歴の持ち主です。

私自身、投資銀行へのキャリアは考えてませんが、というか可能性はあまりないでしょうが、この業界を志す人がどうのようなマインドをもっているのか興味があったので読んで見ました。また、ライアーズ・ポーカーというウォール街での投資銀行での出来事を描いた本も取り寄せてみました。米国ではベストセラーだとか。これはまだ読んでません。

著者の経歴は非の打ち所がないのですが、彼が本の中で言っているのは、自分のキャリアを学生時代から意識して築いてきたということです。彼曰く、学生時代はあまり授業に興味がなかったようですが、それでも自分の将来やるべきことを明確にし、その目標に対し絶えず自分の地図を描き、修正を加えながら、キャリアを形成してきたとのこと。ビジネスで勝つには、観的に準備して、楽観的に行動することが大切だとか。概念としては理解できるものの、行動に移し、継続するのは簡単にはできないですね。

新卒時には、日本を国際的な金融市場にするという目標のもと大和證券に入社するのですが、MBA留学や希望配属先を入社の条件として提示したそうです。日本ではありがちな入社してから配属先が決められ、自分のやるべきこと、やりたいことをその後模索するような就社ではなく、就職にこだわるべきだと。社会人となって転職する際には、必然的に考えることですが、自分の新卒の頃を振り返ると、そこまで正直シビアでななかったです。。

ゴールドマンサックスへの転職の際は、これからの日本の問題は年金などの資産運用にあるという問題意識のもと、当時なかった資産運用の部署を一から立ち上げたそうです。また入社の際には、資産運用業務をやらせてもらうことを条件にしたそうです。提案書も毎日書き続け、次々と新しいヒット商品をつくり、トップまでのぼりつめたとか。恐れ入ります。

現在は、金融から日本経済を変えていくことは難しいと考え、政治の世界から日本を変えていくことに自分の使命を修正し、政治活動を行っているとのこと。特に、諸外国に比べ地方分権が進まない理由の一つに、高額な高速料金制度があるとし、高速料金の無料化などを活動のテーマにしているようです。

話の内容的には、至極当然なのですが、Easier said than done で実践が肝心ですね。今でも十分指南されるべきことはありますが、学生時代に読むべきだったと思える一冊でした。

スポンサーサイト

パリーグ開幕 

いよいよ日本のプロ野球開幕の季節がやってきました。小さい頃は巨人ファンでしたが、仕事の関係で福岡に住むことになり、そしてホークスが福岡にやってきてから、すっかりホークスファンになってしまいました。その間、どんどんホークスも強くなり、いまでは常勝チームと言われるまでになりました。監督が王監督というのも、以前巨人ファンだった私としては嬉しいです。

最近は、井口や城島などホークスからメジャーに行くプレヤーもいたりして、彼等のメジャーでの活躍ぶりも気になるところですが、王監督が病を克服し、復帰を果たした今年ばかりは日本のプロ野球を注目、そしてホークスを応援しないわけにはいきません。今年は、生え抜きである小久保の復帰、WBCで活躍した多村の横浜からの移籍など、話題には事欠きません。ズレータがロッテに行ってしまったのは残念ですが、斉藤、和田、新垣、杉内らの投手陣は、今年も活躍してくれるはずです。ここ数年は、パリーグ制覇の可能性がありながら、今ひとつはっきりしない制度のせいで優勝していませんが、今年は、間違いなくソフトバンクホークスの優勝で決まりでしょう。

近い将来、夢を追ってメジャーに行く若手プレヤーもいると思いますが、日本プロ野球を見た場合、資金的なものを含め、ソフトバンクホークスが最も魅力的なチームの一つであることは間違いないでしょう。

残念ながら、オリックスとの開幕戦は負けたようですが、移籍した多村が2ホーマーを打ったようです。

春のはずじゃあ? 

一時期とても暖かく、ケンブリッジにもやっと春が来たかなあと思ってましたが、最近また雪が降ったりと、変な天気が続いています。ただ昼間の時間が長くなったので、真冬に比べるとかなり気分もいいです。日本はどうなんでしょうか。暖冬らしいので、もう桜が咲いたころでしょうか。こちらでも、学校の近くの桜(だと思う)が立派に咲いています。

sakura


本日、大学時代の友人からのメールが入り、ニューヨークへの転勤が決まったそうです。某国際通信&携帯会社で頑張っているようです。私も卒業後、ニューヨークで活躍できるようなポジションで働きたいですね。これに関しては、春はまだまだ先のようです。

Work-life balance 

本日から正式にGCP(Global Consulting Project)が始動しました。11amに学校に集合し、今後の進め方をザックリと決めました。基本的には、毎日集まるということになってしまいました。明日は、クライアント(マイクロソフト)からもらった"Social Responsible Investment"と"Venture Capital for Sustainability"の記事を読み、各人のフォーカスしたいテーマをピックアップし、ある程度絞込みをする予定です。今年のマイクロソフトのプロジェクトは、Social Innovationに関するリサーチなので、やろうと思えばどこまででもできるし、簡単に終わらせようと思えば、それも可能という感じです。

私の場合、GCPをやりながら就職のことも同時に進めていく必要があります。いくつかJobサーチ会社に登録してはいるものの、自分の中での整理が今ひとつなので、案件を紹介してもらっても今ひとつピンとこない状況です。掲題の"Work-life balance"についてですが、先日のサーチ&サーチのCEO、ケビン・ロバーツの講演で彼が言っていたのを少し思い出したのでタイトルに使ってみました。要は、仕事を探す、仕事に就くに当たって、ワーク・ライフ・バランスなんてものを考えるようでは、その仕事は自身にとって本当に好きでないということです。MBAらしく、投資銀行でもコンサル(←そもそもこの手の仕事には、Work-life balanceなんてものはないのかも知れませんが)でもなんでも良いが、自分がワーク・ライフ・バランスなど考えずに没頭できる職に就くべきであると言っていました。日本語でいうところの「天職」みたいなものでしょうか。

まさにその通りだと思いますが、現実としては非常に難しい問題ですね。このご時世、制約もありますが、ありがたいことに選択肢もそれなりにあるわけで、どうしても色んなバランスを考えてしまいます。バランスをとるとシャープな選択ができないので、ありきたりの選択になってしまいます。と、こんな風に考えてもあまり生産的ではないんでしょうが。。いづれにせよ、後悔のないようなプロセス&決断をしたいものです。

2学期(Lent Term)試験終了 

昨日の、Strategy, International Buisnessの試験をもって、2学期(Lent Term)が終了しました。(正確には、Global Marketingのレポート課題が残っていますが)

試験の出来は、Strategyの方は、なんとか色々書くネタはあったのですが、International Businessの方は、essay形式だったのですが、ネタがなくて困りました。一応、ポイントだけはおさえたつもりですが、具体例が少ないと、量が稼げず、しかも英文なので内容の充実度も疑わしいです。これは、やっぱり日頃の授業での取り組みとその充実度に比例している気がします。一夜漬けの試験対策では、どうしてもその辺を補うのは厳しいです。Strategyのクラスは、内容も充実していて課題も毎週あったので、理論&事例も自然と頭に入ってくるのですが、International Businessの方は、どうも身が入らなかったのが正直なところです。自分の勉強不足を棚に上げて言わせていただくと、来年以降、この授業は改善して欲しいものです。

まあ、とにかく試験が終わったので良かったです。3学期は、グループ課題や個人レポート課題はありますが、試験は確かなかったと思うので、今回の試験が人生最後の試験だったかもしれません。それにしては、あまり芳しくなかったのですが。。

試験終了後は、韓国人Jの所属するカレッジで、MBAのアジア系の友人ら4人で試験終了のお祝いをすることに。料理は、ホストの韓国人が取り寄せてくれた”さしみ”と彼が料理した韓国風焼肉、そしてスープ。さしみは、ヒラメとサーモンで、久々のさしみはやっぱり美味いかったです。韓国では、さしみにつけるソースとして、醤油のほかにホットソース?も一般的なようで、試して見ましたが中々のものでした。焼肉の方は、彼が甘さを出すために入れた蜂蜜の量を間違えたらしく、かなり甘かったです。美味しかったですが。まあ男料理なので、何でもありです。

お酒は、中国人Yが持ってきてくれた”マオタイ酒”と韓国の焼酎とお酒。マオタイ酒は美味しかったですが、なにせアルコール度数が40度以上もあるので、結構キマシタ。試験の話から、アジアのカルチャーの話まで色々と盛り上がり、トータル6時間くらいいた気がします。毎度のことながら、アルコールが入ると英語も多少上手くなったきがして、またアジア人だけだったのでその辺も気楽で良かったです。

・さしみです。ロンドン?からのお取り寄せだとか。。
さしみ


・マオタイ酒です。
マオタイ

Global Marketing 終了 

グローバル・マーケティングの最後の授業がありました。この科目は、いろんな意味で楽しめました。まずは教授のキャラクター。これは賛否両論あるのですが、私的には良かったと思います。ジョークは極端ですが、何より教えることに対して熱心です。ジョークを含め、飽きさせない工夫が授業の随所に散りばめられており、珍しく一度もウトウトすることがありませんでした。これは彼が米国生活が長かった影響かもしれません。マーケティングという科目の性質上、ガチガチの理論だらけの授業だと聞いてるほうも飽きてしまうでしょう。ワインのケースの時は、ワインの試飲をしたり、ビールのケースでは生徒自らビール(ハイネケン)を配ったりすることもありました。また、時には、というより殆ど毎回、授業時間がオーバーします。これは教授自身もプロフェッショナルとして反省している部分でもありますが、とにかく生徒からの質問が途切れないために生じている問題でもあります。とにかくインターラクティブでした。

内容的には、コア科目で習ったマーケティングの一般理論をグローバル・マーケティングの視点から考えるというものでした。一般論では目新しくもないですが、国毎のカルチャーや商品に対する考え方(洗濯機は利リビングに飾るものだとか)、色の認識(清潔感をイメージする色の違いなど)、値引の捉え方(欠陥商品?)など、具体的に見ていくと結構楽しいものです。

また、毎回ミニ課題がありました。自国の面白い習慣や誇れる文化を紹介するものから、ある企業のブランド戦略で一人ひとり商品(Absolut Vodka)のポスター?を作成するものなど、です。昨日、生徒が作った作品の投票が行われ、本日その発表があったのですが、なんと私を含めて日本人二人の作品が1位(Kさん)と2位にランキングされました。投票者(生徒)は、投票時には誰の作品かは知らされていないので、先入観は一応なかったと思われます。変なところでの日本人の活躍です。ちなみに以下が私の作品です。フリーの編集ソフトで作成しました。

Absolut Cambridge MBA


理論だけでなく、実際に手を動かしてみるのも中々新鮮で、最初は適当に片付けるつもりだったこの課題もやり始めると凝りだしてしまうものです。実際、これにかなりの時間を費やしている自分がいました。

あとは、ゲストスピーカーなどの話を聞く機会があれば、もっと締まった授業になり、よりバランスが取れたかもしれません。

Lent Term 最終課題 

いよいよ二学期(Lent Term)の授業も終わりに近づいてきました。来週の Saatch & Saatch のCEO、Kebin Roberts氏による講演と選択科目でとっている Global Marketing の授業を残すのみです。その後は、International business と Strategy 試験が待ってますが。。

そして、来週には Innovation の課題提出の締切りが待ってます。15ページ(ダブルスペースですが)のケースを書かないといけません。与えられたケースを読んで分析するのではなく、イノベーション企業についてケースを作成しないといけないのです。これには、資料集めからケースの構成、そして英語での纏めまで、相当時間がかかりそうです。土日は多分つぶれるでしょう(とほほ)。一応、企業については「アスクル」にしました。漠然とアスクル躍進のストーリーは知っていますが、詳細はこれからリサーチしないといけません。具体的事例を沢山みつけないと、なかなか15ページには到達しないですね。それに授業で習ったことも関連づけないといけないようなので、その辺も多少悩ましいところです。

来週は、ケース課題と試験対策に追われそうです。その後は、土日を挟んで、GCP(私のグループのクライアントはマイクロソフト)が本格的にスタートします。

日本再考-Global Marketing 

本日、Global Marketingの4回目の授業がありました。今回は、グローバル・プロダクト戦略です。以下は、E教授から届いたメールからの引用で、本日の授業のメインポイント"プロダクトのCultural fit"についてです。
How does a product fit into consumers'life style, consumption patterns and social and cultural environments? To be more specifically, you need to ask:
(1) How do they use it;
(2) Where do they place it?
(3) Where do they store it?
(4) How do they carry it?
(5) Etc….

タイトルの日本再考は、すこし大げさですが、この授業では日本の話が良くでてきます。教授のキャラクターもあってか、他の国もそうですが、日本の良いところを取り上げるのではなく、ちょっと変わった、そして笑える側面にフォーカスして話します。Global Marketingなので、日本市場を考えないわけにはいきませんし、各国の文化・慣習の理解はGlobal Marketerにとって大切なことも分かります。でも、話題が極端すぎて。。(日本人でも笑えることもあるのですが)

たとえば、日本人は鯨を食べる人種であるとか、満員電車のように混んでるプールの写真を見せられて、これが日本のプールだとか、最も外国の文化を受け入れないのが日本だとか(全部、当たらずとも遠からずですが)。一番多いのが、街中にある案内標識の英語がおかしい、英語になってないというものです。「化粧は後方へ」の下に、英語訳で、"For Restrooms, Go back toward your behind"と変な英語になってたりするものです。

日本人でこの科目を選択しているKさんと私は、意見というか同意を求められることしばしばです。なんか、日本がよほど変わった習慣をもっているような印象をクラス中に与えているような気がします。生徒も誇張しているとは思っているとは思いますが。

今日は、先週のチリ・ワインのケースで話題にのぼった、「本当にチリワインは、価格の割には美味しいのか」ということを確かめるために、同クラスのフランスワイン、カリフォルニアワイン、チリワインを実際に試飲しました。代表者三名(イギリス人、アメリカ人、中国人)のうち、2人が目隠し試飲でチリワインが一番美味しいと評価。私もチリワインを飲みましたが、結構美味しかったです。

下の写真は、韓国人のクラスメートJから貰ったグルシア・ワインです。ケンブリッジで購入したそうです。たぶんですが、彼と以前グルシアワインのビジネスの話をしたのと、前回のケースでチリワインのケースを一緒にやったことから、貰えたのだとは思います?!美味しく頂戴しました。
グルジアワイン2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。