スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBAT 

明日、ロンドンで一泊してから、MBATが行われるパリに向かいます。卓球にエントリーしているんですが、練習は昨日と今日の2回のみで、練習に参加できていない人もいたりします。勝敗には固執してませんが、当日必要な人数が集まるか、やや不安です。

せっかくパリに行くので、MBATだけではなく、パリの観光もしたいと思ってます。パリは、ずいぶん前に新婚旅行で訪れた以来なので、楽しみです。その際は、季節が冬だったので、今回は春のパリを味わって来ます。でも、美術館とか行ってしまうと、半日とか一日潰れてしまうので、今回は街の雰囲気を味わう程度かもしれませんが。あとは、フランスといえば、やはり食事&ワインですね。

ケンブリッジMBAのユニフォーム(フリース、ポロシャツ、帽子)です。BPがスポンサーになってくれてるみたいで、BPのマーク入りです。
MBAT Shirts

スポンサーサイト

Wagamama 

ケンブリッジにもWagamamaがオープンしたようなので、早速行ってみました。Wagamamaは、ロンドンで最近流行っている日本食レストランの店です。といってもオーナーは英国人らしく、味のほうは今ひとつという噂でした。それでも、まあ経験ということで、行ってみたのですが、予想以上にマズかったです。

まず、注文時にWagamamaは初めてかどうかを聞かれ、初めてだというと、「料理によっては注文した順番に出てこないので了承ください」みたいなことを言われました。その了承をとっているからかどうか分かりませんが、近くの席の2人組のお客さんは、一人が殆ど食べ終わってるのに、もう一人の人の料理が出てきていない状態のようでした。それなりにお客さんはいましたが、満員御礼状態からは程遠かったので、そんなに調理時間に差が出るはずがないのですが。。

我々は、えび餃子を前菜に、妻がwagamamaラーメン、私がチキンのピリ辛ラーメンを注文したのですが、えび餃子は、所謂”チン”したもののようで、wagamamaラーメンにいたっては、スープが極端にぬるく、麺も日本ではあり得ない味でした。チキン・ラーメンも、麺がどうも。。これなら、ケンブリッジにある”DOJO"の方が、遥かに美味いです。ボリュームもDOJOの方がありますし。あまり期待をしていませんでしたが、その期待を下回る味とサービスでした。最近は、何を食べても口に合わないということはあっても、マズイと感じることはあまりないのですが、この味ばかりは、日本人としてあり得ないですね。でも、こちらではある程度流行っているようですので、英国人の味覚は本当に分からないです。

お店は、マーケット近くのビルの2階です
wagamama

扉の前には、こんな文字も
ワガママ


下の写真は、金曜日にWolfson Colledgede内で行われたクラスメート(オランダ人M)のサプライズ誕生日会でのものです。彼は、インターンシップの関係で、たぶん一番早くケンブリッジを発つのではないでしょうか。木曜日にも一緒に夕食をとったり、パブナイトに行ったりして、残り少ないケンブリッジライフを一緒に楽しみました。アジア人に優しいオランダ人です。
Michael

気がつけば、もう5月 

気がつけば、もう5月です。何度も言っているようなきがしますが、本当に時間がたつのが早いです。ケンブリッジMBAでの授業も残り一ヶ月半となりました。

今学期は、ほとんどが選択科目なのですが、比較的自分の知識が乏しいファイナンス系の科目を結果的に選択しています。現在は、Capital MarketとM&Aの選択科目、それからCorporate Governance&Ethicsの必修科目が進行中です。後半に、興味のあるアントレ系の科目があります。時間的余裕があれば、他の科目にも出席できるので、興味がある分野はできるだけ参加したほうが、お得ですね。かなりの額を投資しているので。。

最近感じることは、授業が選択科目になって、ややリスニング力が落ちてきているような気がします。正確には、リスニング力ではなく理解力が落ちているのかも知れません。授業が、若干専門的になってきているせいか、また持ち合わしている知識が乏しいせいなのか、分かりませんが。もしくは集中力がなくなったのかも知れません。。今日もM&Aの授業で、ホテル事業のM&Aのケースをビデオ(映像)で観たのですが、正直理解に苦しみました。これまでは、ビデオであれ何であれ、詳細が理解できないことはあっても、全体像は外してなかったと思うのですが。。今更ですが、第二外国語の習得は難しいなあ、としみじみ感じるこの頃です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。