スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライト・キャンセル事件 

昨日(土曜)の夜、オランダ・ベルギー旅行から帰ってきました。本当なら金曜の夜のフライトで帰って来るはずでしたが、予約していたライアンエアーのフライトがキャンセルとなり、ベルギーにもう一泊する羽目に。

今回の帰りの便は、ブリュッセル・サウスシャルルロア空港22:00発のライアン・エアーのフライトで、スタンステッド空港に金曜日の深夜に帰ってくる予定でした。シャルルロア空港には、かなり余裕を持って到着し、出発時刻の約3時間くらい前に到着していました。長いこと空港で時間を潰し、いよいよ搭乗の時間かなあと思っていたところ、アナウンスが。どうやら搭乗予定のフライトがキャンセルになったというのです。聞くところによると、使用するフライト(機体)の到着が送れ、一旦、遅延となった後、キャンセルになったようです。詳しく聞いてみると、ベルギーの空港の規則として、23時以降は飛行機を飛ばすことが禁止されているとのこと。遅延の影響で、離陸が23時前にできないというのです。でも、キャンセルには参りましたね。

アナウンスがあった後、みんな直ぐに空港のチケット・デスクへ向かい移動の便を予約していました。が、ブリュッセル・サウスシャルルロア空港からスタンステッド行きのライアンエアーの便は、一日3便しかなく、しかもキャンセルとなった便が最終便です。EasyJetもありません。当然、金曜日中に英国に帰ることすら出来ません。更に、次の日(土曜日)の便も全て満席というのです。チケット・デスクの人からは、ベルギーにあと2泊して日曜日のフライトで帰るか、最寄りの空港(ドイツ)に次の日電車で移動して、そこからスタンステッドに移動するとかのオプションを言われました。最初は、ドイツも少し楽しめるのでドイツ経由で帰るを選択しましたが、結構疲れてたので後で考えなおし、ブリュッセルに一泊したあと、ユーロスターでロンドンまで帰ることにしました。

フライトキャンセルに伴って発生した交通費(電車やタクシー代など)や宿泊費などは全てライアンエアーで払ってくれるそうです。また、キャンセルで金銭的な損害があった場合などもある程度保障してくれるようなことがペーパーに書いてありました。確かに、私の場合は旅行の最終日で、英国帰国後も大した予定がなかったので、特に損失といえる程のものはありませんでしたが、これからイギリス旅行に向かう人や仕事の予定が入っている人などからすれば、許し難いででょうね。チケット・デスクでも、何人か激怒して話している人がいました。

貴重な体験といえばそうですが、長い間空港で待機したり、市街地から空港までバスやタクシーで行ったりきたりと、本当に疲れましたね。これでライアン・エアーの印象がまた少し悪くなりました。やっぱりEasyJetの方が良いのかなあ。

スポンサーサイト

旅行の話-その2 

ヨーロッパ旅行の話は昨日のとおりですが、6年前に米国に一年程住んでたときにも、米国中の都市を回った思い出があります。西海岸では、シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、東海岸はボストン、NY、ワシントン、南部はヒューストン、アトランタ(ディスニーワールド)、中西部ではシカゴ、カンザスシティ、オマハ(居住)、といったところです。その他、旅行でハワイやカナダのバンクーバーにも行きましたね。それぞれの都市毎に趣きがあって良いのですが、住むとなるとやはり西海岸のサンフランシスコがいいかなあと思います。西海岸の自由な雰囲気いっぱいで、気候も食事(魚介類)も最高ですね。湿気もないですし。この前行ったフランスのニースに雰囲気が似てますね。ロスになると夏はやや湿気が気になるかなあって感じです。まあ日本ほどではないですが。。

↓ゴールデンゲートブリッジ(左)と市内のフェリービルディング前(右)
ゴールデンゲートブリッジ フェリービルディング


アジアでは、中国の上海、深セン、香港、瀋陽、大連、韓国では済洲島
くらいですね、行ったことがあるのは。今後は、MBAで知り合った友人もいることだし、中国の北京やタイ、シンガポール、マレーシアなんかにも行ってみたいですね。あとベトナムとか。世界遺産なんかもありますし、食べ物も安くて美味しそうなので。

今、ケンブリッジに住んでて、気候は最高ですし、空気が美味いって本当に実感してます。緑の香りがするんですよ。あと少しで日本に帰らなければならないのは事実ですが、本当にあの蒸し暑い日本で生活すると思うとやや気が重くなりますね。最後のひとあがきでもして見ようかなあ。。

旅行計画 

来週の火曜(正確には、月曜の深夜)から、三泊でオランダとベルギー旅行を計画しています。できるだけ、現地での活動時間を確保するために、朝早いフライトで発ち、夜遅いフライトで帰ってくるようにしています。今回もそうですが、スタンステッド空港までは、ナショナル・エキスプレスのコーチ(バス)を良く利用しています。メリットは、安くてバス停が電車の駅よりも近く便利という点です。24時間定期的に便がありますし。デメリットは、電車より移動時間が長いことでしょうか。でも、スタンステッドまで45分と寝る時間もないくらいです。ロンドン行きの便がありますが、こちらは約2時間かかるので少し退屈です。でもオンラインで早く予約すれば1ポンドでいけたりするので、安さを重要視する場合は電車よりも良いですよ。

オランダでは、風車の街やチーズ市場・花市場、ゴッホ美術館、アンネの日記の舞台となった場所など、一日半と限られた時間ですが、結構見どころがありそうです。ハイネケンのビール博物館にもこの際行って見たいですね。オランダと言えば、九州に居住していた者としては、ハウステンボスを思い出します。凄い施設を建設したわりには、あまり経営は上手くいってないようです。リピーターを上手く獲得できてないようですね。施設なんかは本当にお金かかってて、もったいないくらい素晴らしいのに。敷地内に居住地区なんかもあるし。ベルギーは、ブリュッセルを中心に、ブルージュやフランダースの犬で有名なアントワープにも行ってみたいと思ってます。ネロとパトラッシュに会ってみたいですね。あとは、やっぱりベルギービールとワッフルうでしょうか。飲み過ぎ&食べ過ぎには注意ですね。

英国に一年住むにあたり、もっと欧州旅行できるかなあと思ってましたが、中々時間や予算の関係で思ったとおりにはいかないですね。できれば、スイスそしてギリシャなんかも行ってみたいところですが。。予算と時間があればですが。振り返ってみると、新婚旅行と今回計画中の旅行を含めるとヨーロッパは、イギリス、スペイン、フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、ベルギーに行った(く)ことになります。若い頃は、そうでもなかったのですが、最近は旅行中の食事の良し悪しによって、旅行の楽しさが影響されているような気がします。そういった意味では、地中海に面した都市は、食べ物も美味しく、旅行してても楽しいですね。

Golf in Cambridge 

先日、クラスメートの韓国人の一人がケンブリッジから韓国へ帰るということで、その帰国日の前日に、前々から一緒にやろうといっていたゴルフをやってきました。一応、ゴルフの発祥地である英国でプレイする機会があるかなと思い、クラブ一式をケンブリッジまでもってきていました。

今回一緒に回った友人の韓国人二人は、忙しいMBAの授業の合間に、数十回もゴルフをしていたようですが、私はそんな余裕もなく、ついにこの時期までゴルフクラブを使うことがありませんでした。彼ら曰く、韓国ではゴルフのプレイ代がとても高く、中々実際にコースに出ることができないそうです。一般的なサラリーマンは、それでもいつかゴルフコースでプレイすることを想定して、ドライビングレンジ(所謂、打ちっ放し)で、スイングの練習を重ねているそうです。聞くところによると、日本のゴルフ代よりも高いらしいですね。

私のゴルフの腕前はというと、前職時代は付き合い程度にゴルフをやっていたものの、そんなに熱心でもなく、いつまで経ってもビギナーの域を出ません。また今回に至っては約二年ぶりだったので、ボールに当てることすら不安でした。今回は、とてもアットホームな雰囲気のもと、スコアも数えることなく、たまには同じ場所から二度打って見たりと、厳密なルールは完全に無視状態でプレイしました。

日本では、概ねゴルフ場といえば山を切り開いた場所に建設してあるので、ボールがどこにいくか分からないビギナーにとっては、非常に厳しい環境ですが、こちらは殆どのホールがフラットで、隣合うホール同士の仕切りは、木が植えてある程度です。一番きついところでも、丘の斜面程度です。ですので、OBは殆どなく、ボールがなくなるといったことはあまりない筈でした。が、実際のところ、10球程度ロストしてしまいました。。これは、スコアに執着してなかったので、ボールが直ぐに見つからなかった場合は、適当な場所からニューボールでリプレイした影響もあります。日本では、大体キャディさんがいるので、大抵のボールは見つけてくれますが。

当日は、天気も良く、空気もカラッとしており、コースの芝のグリーンと空のブルーのコントラストがとてもきれいで、プレイしていてもとても気持ちよかったですね。日本みたいにホールの途中に茶店でビール一杯みないなことをする場所はありませんが、その分、プレイ後に飲んだビールは最高に美味かったです!日本人のMBAの皆さんも是非ケンブリッジでゴルフをしましょう!

今回帰国する韓国人とは年齢も同じだったこともあり、一緒に飲みにいったり、カレッジに誘ってもらったりと、いろいろ良くしてもらいました。彼も将来は自分で事業をしたいらしく、是非その夢を実現させてほしいですね。

Golf1 Golf2

ニース最高! 

MBAの授業が終了し、あとはIP(Individual Project)を仕上げるのみとなったので、かなり自由な時間が持てています。就職活動も気になるところですが、折角ヨーロッパに住んでいるので、旅行も思いっきり楽しみたいところです。欧州MBAのメリットの一つでもありますね。

まずは、南仏のニース&モナコへ行ってきました。とても良い所だとは聞いていたのですが、その期待を大きく上回り、本当に素晴らしいところでした。とにかく、気候はこれぞ地中海性気候っていう感じで、太陽が燦々と降りそそぐ割には湿気が殆どなく、本当に過ごしやすかったです。それに加え、地中海の魚介類は英国では味わえないほど美味しく、エメラルド色の海は、私の人生の中で見た海の中で、最もきれいでした。また、嬉しいことに、驚いたことに、結構トップレスの女性が沢山いました!写真掲載は控えますが。。ビーチは、15ユーロ位払えば、プライベートビーチの専用の椅子でゆっくりすることも出来ます。ただ、一般とプライベートの差は、パラソルや椅子が借りれるかどうがで、ビーチ自体は一緒で隣り合っています。

ニース海1

 ニースの海は、泳いでる人より日光浴をしている人の方が、圧倒的に多いですね。



ニース海3

 城跡公園から眺めるニースの海岸の景色も最高です



ニース海4

 このエメラルド・グリーンの海は本当にきれいですね。ビーチが砂ではなく小石なので、こんなにきれいな色を保ててるそうです。7月頭の海温は、泳ぐのには少し勇気がいるくらい低いですが、一旦入ってしまうと気持ちいいですよ~。


いわし

 好物のSardine(いわし)のグリルです。日本の味(ただ焼いてるだけ)に近いので、好きですね。パリでも食べました。ビーチで食べるのもまた格別です。




また、ニースの駅から電車で10分弱(ニースからふた駅)行った”Villefranche sur Mer”ところにも、とても雰囲気の良いビーチがあるということで、行ってみました。駅のそば(徒歩1分もない)にビーチがあるので、移動も便利でお勧めです。こちらもニースの海岸同様すばらしく、またニースのビーチより波が小さいせいか、小さいお子さん連れの家族が沢山来ていました。私も5年振りに泳ぎ、ちょっと海水は冷たかったですが、ほんとに最高でした!

ニース近くのビーチ

 静かなビーチで、景色も最高です。ビーチは砂に近い小石で、比較的浅いので小さいお子さん連れのご家族にお勧めです



ニース近くのビーチ2

 ビーチは満員状態です。日本の夏の海岸ほどではないかな。



ニース泳ぎ

 5年振りに泳ぎました!



ニース食事2

 こちらも好物 Scampi(車えび)のグリルです。ボストンから遊覧船で地中海を旅している家族と隣の席になり、レッドソックスで活躍中の松坂の話で盛り上がり、最後はメルアド交換まですることに!
  



約丸三日間は、ニースのビーチでゆったりしてたのですが、旅行の最終日には、夜のフライトまでたっぷり時間があったので、エズ村やモナコにバスで向かい、F1のコースやカジノなどを見て回りました。ニースのバスターミナルからエズ村まで1.3ユーロで20分程度、エズ村からモナコも1.3ユーロで25分程度で到着します。チケットはバス内で購入できます。

エズ村は、中世に、たくさんの敵からの襲撃を避けるために作られた要塞のような村だったらしく、今ではフランスを代表する観光スポットになっている場所です。ほのぼのとした小さなお店やホテルからなり、地中海のおとぎの国のような感じでしたね。

↓こんな細い道が村全体(といっても小さいですが)に作られています
エズ1 エズ2


エズ3

 エズ村の頂上にある熱帯庭園からの眺めです。地中海がきれいですね。



↓モナコのF1コース(左)とカジノ(右)です。
モナコ コース モナコ カジノ


モナコ 街

 モナコ港です。街には、ベンツやポルシェをはじめ、ランボルギーニ・カウンタックなどの高級車が走ってました。きっと、生涯運転することはないでしょう。。
  


Queens' College May Ball 

6月19日、ケンブリッジ大学での学期末試験が終わったあとに開催されるイベント、"May Ball"に行ってきました。この時期を May Week というそうで、勉強から開放された学生が羽を伸ばす時期らしいです。詳しくはこちらのサイトで。Mayといいながら実際はJun(6月)に開催されています。このイベントは、カレッジ毎に行われ、開催日が重なっていなくて、資金的に余裕があれば、いくつものカレッジのMay Ballに参加できます。イベントの規模は、カレッジ毎に違うようで、最も盛大だと言われているのが、トリニティ・カレッジです。その分、チケット代も高く、またチケットを入手するのも困難なようです。今年は、日本人MBAのKさんが行かれたようです。

私は、同じ日本人MBAのTさんの所属するQueens' CollegeのMay Ballに招待していただき、妻とともに行ってきました。Iさんご夫妻も一緒です。クウィーンズもその他のカレッジに比べ、費用は高いですが、その分内容がとても充実しています。Tさんには、以前 Queens' Feastにも招待してもらったのですが、その時の印象が凄く良かったので、May Ballもきっと凄いに違いないと思い躊躇なく申し込みました。May Ballは、女性はドレス、男性はタキシードが基本です。日本では、こんなの見たことがないですね。

May Ballは、大抵、ディナー含みのチケットと含まないものの二種類のチケットがあります。ディナーなしでも、沢山の美味しい食事がカレッジの敷地内に用意されているので全く問題なかったのですが、一生の思い出になる機会ですので、ディナー込みで申し込みました。流石、May Ballだけあって、通常のフォーマル・ディナーとは比べ物にならないくらい美味しかったですね。バクバク食べたせいか、外に用意されていたフリーの料理があまり入らなかったのが心残りですが。

当日は時折小雨が降ったものの、大勢には影響ありませんでした。花火、ダンス、ジャズミュージック、トランポリンなどのイベント会場から、クレープ、アイスクリーム、ソーセージ、生ガキなどの食べ物のコーナーまで、一晩では行きつくせないほどの催しが盛りだくさんでした。私の懸念は、30半ばとなった今、外で一夜を明かす体力があるかどうかでしたが、それも案外楽々とクリアーできましたね。家に帰った後は、爆睡状態でしたが。。

May Ballは、どこのカレッジでも伝統的に明け方まで残り、皆で記念撮影をし、その後パンティングでグランチェスターまで行き、朝食をとるのが恒例らしいです。今回は、グランチェスターは流石に行く気力はなかったのですが、本当に楽しいMay Ballの一夜を過ごすことができました。

・女性はドレス、男性はタキシードで!
May Ball 1


・朝まで生き残ったMBAの生徒&家族
May Ball 2


・最後に皆で記念撮影(朝6時です)
May Ball3

End of Year Party 

6月15日(金)は、ケンブリッジMBAの最後の講義でした。この日をもってMBAでの辛くて楽しい一年間が一応終了しました。午後には、RIVER BAR & KITCHEN というケム川沿いのパブでEnd of Year Partyが開催されました。私も妻と一緒に参加しました。皆、一年間の思い出を語りながら、一緒にMBAを過ごした同志の写真をパシャパシャと採っていました。このパーティの企画として、クラスメートに何らかのタイトルをつけて表彰するというのがあり、私は、なぜか「ポルノ男優」というタイトルにノミネート。幸か不幸かそのタイトルは獲得できませんでしたが、そこにノミネートされた意図に?です。まっ、とりあえず、私に投票してくださった方に御礼を。ありがとうございました。なんじゃそりゃ。。

End of Year Party


その後、アジアのクラスメートとともにボーリング大会をすることに。日本、中国、台湾、タイ、シンガポールなど、アジアといっても色々です。久々のボーリングのわりには、一ゲーム目のスコアはそこそこ良く、なんと参加者の中ではトップクラス。MBAの授業も常にこの位の成績なら良かったんですが。。これも良い思い出ですね。

その後、皆で中華で打ち上げです。
ボーリング

卓球 at MBAT 

またまた、ずいぶんと長い間ブログを更新していませんでした。長い間更新していないと、その間沢山あった出来事について書くタイミングを逸してしまい、更に書きづらくなるという悪循環に陥っていました。少しずつですが、主要なイベントについて思い出しながら追加して行きたいと思います。

今回は、5月に行われたMBATで、約20年弱ぶりに卓球の試合に出場したことについて触れてみたいと思います。卓球の試合開始時間が朝9時だったということもあり、結構早くホテルを出発し、電車を乗り継いでHECの卓球会場に到着しました。しかし、時間になっても他のメンバーは誰一人見当たらず、大会関係者に私一人しかいないので待ってもらうように伝え、約一時間くらい待ちぼうけをくらいました。あとで分かったのですが、皆が泊まっているホテルからのシャトルバスが大幅に遅れたそうです。最終的には、なんとかギリギリ(というか無理やり待ってもらった)で間に合ったものの、途中、もう帰っちゃおうかなあと何度も思いました。まじで。

一回戦の対戦相手であるRSM(Rotterdam School of Management)の方々には、無理を言って待ってもらったものの、実際に試合になると、あっさりとケンブリッジMBAが勝ってしまい、重ねて申し訳なかったです。二回戦目の相手は、宿敵オックスフォード。結構、経験者を揃えてきているようで、男性陣は惜しくも勝ち星をあげることができませんでした。私も、高校卒業以来、遊びではたまにやってましたが、長いこと真剣にやってなかったので、感が戻る前に体力が尽きてしまい、3-1で負けてしまいました。MBATに出る前は、勝敗は二の次だと思ってましたが、いざ試合が始まると勝敗はやはり気になるものです。結構、悔しい思いが残りますね。

↓結構マジでやってます
卓球


↓試合終了後に皆で
卓球1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。