スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライト・キャンセル事件 

昨日(土曜)の夜、オランダ・ベルギー旅行から帰ってきました。本当なら金曜の夜のフライトで帰って来るはずでしたが、予約していたライアンエアーのフライトがキャンセルとなり、ベルギーにもう一泊する羽目に。

今回の帰りの便は、ブリュッセル・サウスシャルルロア空港22:00発のライアン・エアーのフライトで、スタンステッド空港に金曜日の深夜に帰ってくる予定でした。シャルルロア空港には、かなり余裕を持って到着し、出発時刻の約3時間くらい前に到着していました。長いこと空港で時間を潰し、いよいよ搭乗の時間かなあと思っていたところ、アナウンスが。どうやら搭乗予定のフライトがキャンセルになったというのです。聞くところによると、使用するフライト(機体)の到着が送れ、一旦、遅延となった後、キャンセルになったようです。詳しく聞いてみると、ベルギーの空港の規則として、23時以降は飛行機を飛ばすことが禁止されているとのこと。遅延の影響で、離陸が23時前にできないというのです。でも、キャンセルには参りましたね。

アナウンスがあった後、みんな直ぐに空港のチケット・デスクへ向かい移動の便を予約していました。が、ブリュッセル・サウスシャルルロア空港からスタンステッド行きのライアンエアーの便は、一日3便しかなく、しかもキャンセルとなった便が最終便です。EasyJetもありません。当然、金曜日中に英国に帰ることすら出来ません。更に、次の日(土曜日)の便も全て満席というのです。チケット・デスクの人からは、ベルギーにあと2泊して日曜日のフライトで帰るか、最寄りの空港(ドイツ)に次の日電車で移動して、そこからスタンステッドに移動するとかのオプションを言われました。最初は、ドイツも少し楽しめるのでドイツ経由で帰るを選択しましたが、結構疲れてたので後で考えなおし、ブリュッセルに一泊したあと、ユーロスターでロンドンまで帰ることにしました。

フライトキャンセルに伴って発生した交通費(電車やタクシー代など)や宿泊費などは全てライアンエアーで払ってくれるそうです。また、キャンセルで金銭的な損害があった場合などもある程度保障してくれるようなことがペーパーに書いてありました。確かに、私の場合は旅行の最終日で、英国帰国後も大した予定がなかったので、特に損失といえる程のものはありませんでしたが、これからイギリス旅行に向かう人や仕事の予定が入っている人などからすれば、許し難いででょうね。チケット・デスクでも、何人か激怒して話している人がいました。

貴重な体験といえばそうですが、長い間空港で待機したり、市街地から空港までバスやタクシーで行ったりきたりと、本当に疲れましたね。これでライアン・エアーの印象がまた少し悪くなりました。やっぱりEasyJetの方が良いのかなあ。

スポンサーサイト

コメント

そうですか、それは災難でした :(

でもMasaさん、どおりで(家が近いのに)最近見かけなかったんですね。aggressiveにいろんなところに旅行に行かれてたんですね。今日Masaさんと同じ棟に住むVから、最近Masaさん見ないけどいつ日本に帰っちゃったの?て聞かれましたよ。:)

因みに、私の経験だとRynairの方が、EasyJetやWizzairよりも、そういった(悪天候等以外の理由による)遅延は多いような気がします。特に夜の最終便はそういったことがしょっちゅう起きているような気がします。幸い私は今まで経験がありませんが、他の航空会社を利用しているときに、目の前で同様の遅延が起きていたのを、一度ならず(というか何度も)目撃したことがあります。なので、私は時間の遅延が許されないときには極力最終便(22時以降発)は避けるようにしています。Rynairの方が、他社よりもよりaggressiveな機材運用計画を立てているんでしょうかね?きっと、

遅延によって発生するextra cost < aggressive な機体運用計画からの追加的なbenefit 

だから、そうしたこと何年もを続けていられるんでしょうが。。。。:)

はい、私も疑問に思っていたのですが、たぶん短期的には、確率的に考えて、遅延・キャンセルによる追加コストの発生確率そのものが低いため、追加的なbenefitの方がgrossで考えた場合大きいことになるんであると考えます。

但し、中長期的に顧客を待たせる(=イラつかせる)ことにより発生する顧客loyaltyの低下(=将来的なtop-lineの低下)まで織り込むと、本当にどうなんだろうかと思いますが。。。。。

Low cost low fare戦略を重視する余り、同業他社対比で顧客満足度をそれ程までに重視していないと考えられる当社が、どこまで業界トップの座を守っていけるのかも、見ものですね。:)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Debi Langley

piepoudre proprioceptor sectarial unlocked embossage lituus conglutinate statistics
<a href= http://www.dreamcatcherbedandbreakfast.com/ >Dreamcatcher Bed & Breakfast</a>
http://orlaneparis.com/

欧州

Darrell Roth

piepoudre proprioceptor sectarial unlocked embossage lituus conglutinate statistics
<a href= http://www.larameedouglas.com/ >Douglas, Laramee</a>
http://www.marikosfamilyfarm.com/

欧州

寄せ植えのコツ、仕方

寄せ植えの検索サイト。夏寄せ植え、ガーデニング、プランター、観葉植物、多肉植物など寄せ植えに関する各種情報をお届けしています。 http://quart2.stuartmembery.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cambridgembareport.blog71.fc2.com/tb.php/137-0b32d066

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。